19セルテートをカスタム!ベアリング追加でフルベアリング化!

19セルテートを買ったので、安くて簡単にできるボールベアリング追加をしてフルベアリングにカスタムしちゃおう!

ということで、今回は先日購入したばかりのダイワ19セルテート4000cxhのベアリング交換をしていこうと思います!これでドラグ性能アップ間違いなしです。

今回、追加するボールベアリングはヘッジホッグスタジオで販売されているこちらの19セルテート専用のカスタムベアリングキットです。

広告

19セルテート カスタムベアリングキット

⇒【ダイワ】19セルテートフルベアリングチューニングキット【HRCB防錆ベアリング】

HRCBという防錆効果が非常に高い防錆ベアリングなんですが、金属そのものが非常に錆びにくい新技術製法で作られているそうです。ソルト対応なので、海釣りで使う方は間違いなくこちらがおすすめですね。

【ダイワ】19セルテート 【SHGプレミアムベアリング】

トラウト・バスなどの淡水魚で使う方はこちらのSHGプレミアムベアリングがいいですね。HRCB防錆ベアリングよりも価格が安いのでおすすめです。

19セルテートのスプールを分解してベアリング交換!

19セルテートを分解してベアリングの交換作業をしていきましょう!分解といっても、それほど難しい分解ではないので初心者の方でも簡単にできるかと思います。

ベアリングを交換するのはスプール内部とスプールシャフトの2カ所。

スプールの中にあるベアリングを交換します。

中央に見えている白い部分を交換します。

ベアリング交換で用意するもの必要な工具

ヘッジホッグスタジオで購入したベアリングには0.89mmの六角レンチが付属してくるのでそれを使用します。必要な工具が付属しているのはマジでありがたいです。

あとはマイナスの精密ドライバーとピンセット、リール用のグリスorオイルです。ピンセットはあった方が良いですが、あってもなくてもできると思います。マイナスの精密ドライバーはネジの開け閉めに使うわけではないのでサイズは気にしなくてもオッケーです。部品を外すときに使うので先のとがった細いものであればいいと思います。

19セルテートベアリング交換作業

それでは早速、19セルテートのスプールを分解してベアリングの交換作業を行っていきましょう!リールはあくまでも精密機械なので作業は慎重に!

スプールシャフトベアリング交換

まずはスプールシャフトから交換していきます。

最初に取り外していくのは、糸巻形状調整用の薄いワッシャーを取り外していきます。19セルテート4000cxhには、この黒いワッシャーが3枚ついていました。これを1枚ずつ取っていきます。これを取らないのとシャフト支えのパーツのネジ穴に六角レンチが入りません。

ネジ穴が見えてきたら六角レンチを使ってイモネジを外します。

ネジは非常に小さいので取扱注意です!紛失したら見つけ出すことは困難。ネジを外したら後はスルッとパーツが抜けてきます。あとは白いカラーをボールベアリングに交換するだけで完了です。

取り付ける前に忘れちゃいけないのが、ボールベアリングへの注油。

わたしの場合はダイワ純正のリールガードグリスを使用しました。

グリスがいいのかオイルがいいのか迷うところではあるけど、ボールベアリングにはグリスかなという個人的な判断でグリスにしました。

オイルorグリスを注油したら、取り外したパーツを元に戻してスプールシャフトのベアリング交換完了です!

スプール内部のベアリング交換

続いては、スプール内部のベアリング交換です。

スプールを外してドラグノブを外したこちらを分解していきます。

まずは、精密ドライバーを使って細い針金上の6角形の固定金具を取り外していきます。

6角形の針金を取り外したら、あとはワッシャーとフェルトを順番に取り外していきます。順番がわからなくならないように重ねておくとわかりやすくて良いです。ここでピンセットを使うと取り外すときに便利でした。

ワッシャーとフェルトを外していくと中央に金属製のリングが見えてきます。これをボールベアリングに交換するのですが、ここからが厳重注意です!

非常に見えにくいですが、実はこの金属製のリングの上には最初に取り外した針金状の6角形の細い固定金具の小さいバージョンが仕込まれています。

これがまた厄介で、外しにくいし外した時の反動で飛んで行ってしまう恐れがあります。運良く見つけることができましたが、わたしも実際飛ばしてしまいました(^_^;)

無事に取り外すことが出来たら、ボールベアリングに交換して元に戻していくだけです。元に戻すときも紛失に注意です。

お疲れ様でした!これで19セルテートのベアリングカスタムが完了です。19セルテートのベアリング数はもともと10個だったのでプラス2個追加でイグジストと並ぶ12個になりました。なんかすごい満足感です♪

こんなにも安く簡単にリールのカスタムができるのはうれしい限りです。最後にベアリング交換完了した19セルテートのドラグをチェックしてみましょう!

ラインを引っ張って試したかったけど、まだラインを巻いてないのでドラグを手で回してみることにします。

ジリッジりっジリッ!

おお!スムーズ!

個人的な感覚ですが、ベアリング追加前に比べて回転がスムーズになった気がします。ベアリング交換してないセルテートがもう一台あれば、実際に比べてみたいものですが、性能がアップしたのは間違いないと思います。

あとは実際に使ってみて、ドラグを鳴らしてくれる大物が釣れるのを祈ります。高級リールを安く手軽にカスタムできるのは魅力的ですね。みなさんも是非お試しあれ。

 

釣りたい魚、釣れる魚の
釣果情報をGETしよう!
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

広告