21レガリスLTが登場!?2021年ダイワ新製品リール

2021年ダイワのフィッシングショーでは公開されていませんが、どうやら2021年の秋頃には21レガリスLTが発売される見込みです。

というのも今のところ新型レガリスが発売されるのは海外です。

日本では未発売となる可能性もありますが、18レガリスLTが発売されたように日本でも21レガリスLTとして発売されるのは濃厚ってわけですね。

https://www.daiwa.com/scandinavia/contents/reels/20_legalis_lt/index.html

海外では20レガリスLTとして発売されているようです。

広告

21レガリスLT リールボディ素材

18レガリスから大きく変わる点といえばやはりボディ素材。2021年に発売される21カルディアと21フリームスにはダイワの新素材ZAION V(バーサタイル)が初採用されたことで注目されていますが、そのZAION Vが21レガリスにも採用されるようです。

ZAION Vはボディ本体とエアローターに採用されます。

ZAION Vの剛性と重量

20ルビアスLTでボディ素材として使用されたZAIONよりランクとしては下のランクの素材になります。

ZAIONに比べるとスペック上ですが軽量と剛性は劣りますが、樹脂素材に比べると軽量化と剛性は向上しているようです。

21CALDIA、21FREAMSで初採用となるZAION V。多くのリールを、もっと軽く、強く。そのために開発されたカーボンハイブリッド樹脂が、ザイオンV(「V」はバーサタイル)。ハイブリッドするカーボン量を緻密にコントロールすることで、金属を凌駕する軽量性と、高い剛性をハイレベルで実現するとともに、多くのリールに搭載可能なバーサタイル性をあわせ持たせた。カーボンハイブリッド樹脂のMAXスペックともいえるザイオンのエッセンスを受け継ぐ。

ダイワ公式:https://www.daiwa.com/jp/

21レガリスLTまとめ

モノコックボディやマグシールドの採用されずとも1万円前後の価格帯のリールとしてはコスパは良いですね。

これから釣りを始める方や初心者にはちょうどいいリールだと思います。わたしも18レガリスを現在もサケ釣り用のリールとして使用してますがスペック的には十分。

ですがガタが来やすいっていうのも事実です。ハンドル部分のガタツキや巻き心地、ゴリゴリ感も使っているうちに出てくるのが使用頻度や使い方にもよりますが早い気がします。

なのでどうしてもできるだけ安く抑えたいとか予算の都合がない限り、個人的には21カルディアがおすすめです。

やはりダイワのリールを使うならモノコックボディとマグシールドは欠かせませんので。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

釣りたい魚、釣れる魚の
釣果情報をGETしよう!
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

広告